2回目の旧ユーゴスラビア旅行を振り返って

コソボ

2016年4月のコソボ、マケドニア旅行に続き、2017年4月はセルビア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナに行きました。

クロアチアとスロヴェニアは大昔に行っていたので、色々見逃した見どころはあるとは言え、旧ユーゴスラビアの旅はこれでコンプリートしたことになります。

 

 

今日はユーゴスラビアの旅を振り返ってみたいと思います。

 

ユーゴスラビアは連邦存在時、「七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家」という語呂の良い表現がありましたが、この言葉が示す通り、非常に統治の難しい場所だったのだろうと推察されます。

 

第一次世界大戦以前にも「バルカンの火薬庫」と呼ばれていた民族関係の複雑さは、その後、第一次世界大戦を引き起こす遠因ともなります。

 

 

実際行ってみると、国ごとにというより、正確には主に民族毎にだと思いますが、宗教も生活習慣も何もかもが違っており、川を渡っただけで並んでいる建物の造りから違う万華鏡のような多彩さが観光客にとっては魅力です。

しかしながら、現地の住民にとっては、その多彩さ故に紛争となっており、民族意識というものの難しさを感じさせます

 

民族ごとに集まって住めばそんなにいざこざも起こらないような気もしますが、長いことその地に住んでいる人たちにとっては、先祖代々の地を離れるというのも暴論なのでしょう。大人の事情的な数合わせ、帳尻合わせというわけにはいかないのが実態です。

 

そう考えると、35年という長きに亘って、このような複雑な国を曲がりなりにも平和に治めていたチトーは、非常にバランス感覚に優れた政治家だったんだろうなと思います。ただ、あまりにチトー個人の能力に頼り過ぎ、システムとして確立できなかったため、死後すぐに崩壊したということでしょう。

 

 

最も、ユーゴスラビア時代に民族間の混血が進んで、複数のルーツを持つ人も増えたとも聞いており、そんなところにこの複雑な状況を打破するヒントが潜んでいそうな気もします。

 

 

各国をほんの数日旅行しただけですが、どこの国も印象深い場所や物があり、親切な人も不機嫌そうな人も色々な人がいました。

どこの国が一番、というのは私には決められないですし、濃淡はあれど、どこの国も再訪してみたいと思っています。

 

願わくば、再び訪れるときも、これらの国が平和に旅できる国々でありますように。

 

 

セルビア旅行で行くべきおススメの観光地7選
今日はセルビアを旅行する際におススメの観光地を紹介します。 なお、登録した年の関係で、世界遺産登録上は、コソボの中世建造物群もセルビアの世界遺産として登録されていますが、これらについては別の記事で紹介しましたので、ここでは取り...
コソボ旅行で行くべきおススメの観光地4選
コソボというと、どういうイメージをお持ちでしょうか? 私の周りでは、「コソボに旅行に行く」と言うと、「え?紛争大丈夫なの?」と言われました。 紛争が起こっていたのは1990年代の話で、1999年には終結し、2008年には...
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ旅行で行くべきおススメの観光地3選
旧ユーゴスラビアの記事が続いていますが、今日はボスニア・ヘルツェゴヴィナを旅行する際のおススメの観光地を紹介します。 モスタル ボスニア・ヘルツェゴヴィナに行ったら、他の何を見逃してもモスタルにだけは行くべきです。 ...
マケドニア旅行で行くべきおススメの観光地 2都市11か所
マケドニアは、アルバニアの次くらいに「どこ、それ?」と言われた場所です。 「ギリシャの北、アルバニアの東、コソボとセルビアの南、ブルガリアの西」と言うと、「ギリシャしか分からない」と言われました。 まぁ、それが普通ですかね。 ...
モンテネグロ旅行で行くべきおススメの観光地2選
今日はモンテネグロを旅行する際のおススメ観光地を紹介します。 アドリア海に面しているため、リゾート地が多く、どうしても海辺の街に目がいきがちですが、実際、交通の面からも見どころの面からも、観光に適しているのはそういった海辺の街...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました