バンコクにあるAsia’s 50 Best Restaurants食べ比べ 個人的感想

バンコク

Asia’s 50 Best Restaurantsというサイトをご存じでしょうか。

Asia's 50 Best Restaurants 1-50
Asia’s 50 Best Restaurants, sponsored by S. Pellegrino & Acqua Panna, is owned and run by William Reed Business Media, the same organisation behind The World's ...

 

これは、イギリスのWilliam Reed Business Mediaという、元々はイギリスのレストランを紹介する雑誌を出版していた会社が2002年から始めたThe World’s 50 Best Restaurantsの派生で、アジアだけにフォーカスして上位50レストランを選んだものになります。

 

飯マズの国イギリスのメディアのランキングが当てになるか?と思ってしまいますが、実際のランキングは、各国のシェフやレストラン関係者、料理評論家の投票によってなされており、また、ミシュランとは異なり、ランキングをつけるという分かり易い評価が採用されているため、国際的にもレストランの評価としては一定の信頼を得ていると考えられます。

 

最も、実際にレストランをいくつか回ってみると分かりますが、やはり欧米人の好みに偏って評価されていると思われ、必ずしも日本人の口に合うとは限りません。

 

今日はそんなAsia’s 50 Best Restaurantsの中から、私がバンコク駐在中に回ったレストランを紹介したいと思います。

 

Gaggan

 

このブログで取り上げるのもこれで3回目なので、もう書かなくても良いかなと言う気もしますが、4年連続一位なので、外すわけにはいきません。

 

Asia’s Best RestaurantのNo.1に2015年から4年続けて選ばれ、全世界でも5位にランク付けされ、誰もが行きたい店であるにも関わらず、2020年6月に閉店するため、今やバンコクで最も予約の取れないレストランです。

Gagganの予約の取り方についてはこちらの記事を参照ください。

 

系統としては、インド+フレンチ+日本+タイ料理のフュージョンです。

また、昨今のタイで流行っているフィンガーフードの始まりだけあって、30種類近くの趣向を凝らしたフィンガーフードが出てきます。

 

お値段はワイン入れて一人10,000 THB (≒34,000円) 程度でしょうか。それなりの覚悟がないと行けない店です。

 

Gaggan

 

Sühring

 

2018年のNo.4、双子のドイツ人がシェフを務め、GagganのシェフAnand Gagganが投資をしているというSühringは、2016年開店という新しいお店ながら、2017年のAsia’s Best RestaurantのNo.13に突然躍り出2018年はNo.4にあがり、ミシュランの1ッ星も獲得しました。

 

ここも、おススメ欧米料理レストランでも触れたのですが、かなりGagganに影響を受けたスタイルで、フィンガーフードがいくつも出てくるレストランです。

 

先日も触れた通り、正直、Gagganの後だとインパクトが霞むのに加え、アレンジの元ネタになっているドイツ料理がそれほど美味しいものではないため、そこまでの印象はありませんでした。

 

ただ、Gagganが好きな人はやっぱりこのようなスタイルが好きであろうことと、全く予約の取れないGagganよりは予約が取りやすいこと、まして、Gagganと違って閉店の予定はないことを考えると、ここに行くというのもありかと思います。

 

Restaurant Sühring
Our cuisine, which is influenced by our past and present, focuses on quality, seasonality, and simplicity. We like to introduce new ingredients combined with tr...

 

NAHM

 

Gagganが連続No.1になる前の2014年にNo.1だった店がこのNahmです。2018年はNo.10で、毎年順位は変わりますが、例年上位に食い込んでいます。

 

ジャンルは王道のタイ料理ですが、多少、フレンチテイストのアレンジがされているように感じます。

 

ここは食事は何を食べてもおいしく、特にカニカレーが絶品でした。

 

が、誰が何を思ったかそのときに頼んだ、デザートのドリアンスティッキーライスが炭火焼焼き鳥の匂いがし、全てを台無しにしたという苦い記憶があります。なぜそんな匂いだったのか、それが普通なのかは未だに謎のままです。ここに行かれる際は、ドリアンスティッキーライスだけは食べない方が良いと思います。今もメニューにあるか分かりませんが。

 

なお、今回紹介しているレストランの中では、唯一ホテルにあるレストランで、Metropolitanホテルの1階にあります。

 

 

LE DU

 

2018年のNo.14はモダンタイ料理のLe Duです。オープンしたのがいつか分からないのですが、Asia’s 50 Best Restaurantsには2017年に初登場でNo.37にランクインし、2018年に23ランクアップしました。

 

タイにあるレストランのうち、タイ人シェフによるものでは最上位です。

 

ここのTasting Menuで出てくる内容は、かなりGagganを意識している感がありますが、店の雰囲気はもう少しカジュアルで、お値段もぐっと優しめです。

 

Ledu

 

EAT ME

 

2018年のNo.33です。例年、No.30~50辺りにランキングされる多国籍料理レストランです。

 

ここについては、2回行きましたが、残念ながら私は口に合いませんでした。何か色々と大味だったり、茹で方が微妙に茹で過ぎだったりして、個人的な好みとしてはランキングされるのが謎だなと思いました。

 

味付けの傾向としては、欧米人が好きそうな味だなと思った覚えがありますが、日本人が評価したらまず上位にはランキングされないだろうなという強い印象が残ったので、Asia’s 50 Best Restaurantも欧米人が中心の評価だなと思った、という経緯があります。

 

というわけで、私だったら、ここに行くよりバンコクの他のレストランに行くことをおススメしますが、敢えて行ってみるというのであればそれでも良いかと思います。

 

場所が、割と小汚い通りを「場所間違えたか」と思いながら歩いていると突然出てくるので、最初はびっくりします。

 

https://eatmerestaurant.com/

 

Bo.lan

 

ここもおススメタイ料理レストランで紹介しましたが、タイ・フレンチフュージョンのレストランです。

 

2018年のNo.37、2017年はNo.19でしたが、何年か前にはランク外に落ちたこともあり、と乱高下が激しい印象がありますが、初バンコクミシュランの出版時には無事ミシュラン一つ星も獲得しました。

 

夜は30,000円/人程度かかるバンコクの超高級店です。昼(土日のみ)はお酒込み5,000円/人くらいで楽しめるので、時間が合えば昼がおススメです。

 

フレンチテイストにアレンジしたタイ料理の4品(スープ、サラダ、メイン、カレー)2種類から選ぶ形なので、2人で行って全品頼むのが良いと思います。2ヶ月おきにメニューが変わりますが、カレーがいつも濃厚で美味しいです。

 

ただし、味付けは全体的にかなり辛めなので、辛いのが苦手な人にはおススメしません

 

Sukhumvit 53の奥まった一軒家にあり、とても静かな環境で、バンコクの一等地にありながら、リゾート気分も味わえます。

 

Bo.lan

 

Issaya Siamese Club

 

2018年はNo.39、2017年はNo.21と、毎年、そのあたりにランク付けされるモダンタイ料理の店です。

 

ここも庭付きの一軒家で開放感に溢れた空間で落ち着いた雰囲気の中、料理を楽しめます。

 

ただ、肝心の料理の方はあまり記憶がありません。印象に残っていないので、不味いということはないけれど、ごく普通に美味しかったんだと思います。

ここはもう一度行かないといけないです(味が思出せないので)

 

Issaya Siamese Club Thailand
Issaya Siames Club

 

バンコクにあるAsia’s 50 Best Restaurants食べ比べ まとめ

 

というわけで、Asia’s 50 Best Restaurantsのうち、バンコクにあるレストランで行ったことのある店だけ紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

こうして見ると大体例年同じ店が同じような順位でランクインしていることが多いようで、お気に入りの店が高評価なのを喜びつつ、一方で、彗星のように新しい店が現れることもあり、どんな料理を出すのだろうという好奇心が抑えきれません。

 

2018年版を改めて見ると、No.31 PASTE、No.43 The Dining Room at the House on Sathorn (初ランクインは2017年)という、私がまだ行っていない店がランクインしていて、そんな新しいレストランを試すのもまた楽しみの一つです。

 

2019年版もそろそろ発表されると思いますし、まだ行っていないレストランに行くことがありましたら、また紹介したいと思います。

 

あわせて読みたい
バンコクおススメレストラン(タイ料理・初心者向け)
バンコクおススメレストラン(中華・インド料理)
バンコクおススメレストラン(イタリアン他欧米料理)
バンコクにあるAsia’s 50 Best Restaurants食べ比べ 個人的感想
バンコクのアフタヌーンティならここ!おススメ4選で優雅なひとときを
シンガポール おススメB級グルメ ~ホーカーからカジュアルレストランまで~
タイの店・レストランでまれによくある謎のプロモーション

 

コメント

  1. […] バンコクにあるAsia’s 50 Best Restaurants食べ比べ 個人的感想 […]

  2. […] バンコクにあるAsia’s 50 Best Restaurants食べ比べ 個人的感想 […]

  3. […] バンコクにあるAsia's 50 Best Restaurants食べ比べ 個人的感想 | しろやぎブログ より: 2018年12月29日 11:46 PM […]

  4. […] バンコクおススメレストラン(イタリアン他欧米料理) バンコクにあるAsia’s 50 Best Restaurants食べ比べ 個人的感想 バンコクのアフタヌーンティならここ!おススメ4選で優雅なひとときを […]

タイトルとURLをコピーしました