書評

マンガ

【懐かし漫画の最終回!】アルカサル-王城-(青池保子)

『アルカサル -王城-』は、昨日まで取り上げてきた『魔天道ソナタ』『アリーズ』『ぴーひょろ一家』と同じ秋田書店のプリンセスコミックスですが、メインの掲載紙がビバ・プリンセスで、少し系統が違います。 この漫画については、私が途中...
マンガ

【懐かし漫画の最終回!】ぴーひょろ一家(姫木薫理)

いきなりですが、タイトルに偽りありです。この漫画は2018年12月現在、完結していません。 1986年の連載開始から30年以上経ってまだ完結していないということで、もはや、「結末が気になるけど生きてる間に完結する気がしない漫画...
マンガ

【懐かし漫画の最終回!】アリーズ(冬木るりか)

小学・中学の頃、これと「ぴーひょろ一家」「魔天道ソナタ」「妖精国の騎士」などが楽しみで、友達と代わりばんこに「プリンセス」を買ってました(子供のお小遣いに月刊誌は高かった)。 「プリンセス」の出版元秋田書店は、今でも幅広いジャ...
マンガ

【懐かし漫画の最終回!】魔天道ソナタ(天城小百合)

小学・中学の頃、これと『ぴーひょろ一家』『アリーズ』『妖精国の騎士』などが楽しみで、友達と代わりばんこにプリンセスを買ってました(子供のお小遣いに月刊誌は高かった)。 プリンセスの出版元秋田書店は、今でも幅広いジャンルを扱う懐...
マンガ

【3分で分かる名作漫画】シルクロードシリーズ(神坂智子)

久々の古典漫画紹介、今日は神坂智子の「シルクロードシリーズ」です。 この作品は、初めて読んだときの衝撃が忘れられません。度肝を抜かれた作品です。 行ったこともない、見たこともないシルクロードという世界に郷愁さえ感じさせ、...
書評

全員男が演じる『神鵰剣俠』ミニドラマがBLの香り

中国の友達から、全員男が演じる『神鵰剣俠』『倚天屠龍記』のミニドラマを教えてもらいました。 見れば確かに役者は全員男!しかもメインキャラクターは全員美男子ばかりです!宝塚の逆版です。 百聞は一見にしかず。まずは『神鵰剣俠...
書評

金庸『射鵰英雄伝』からアンジャッシュコントが見れるようになる

すこし前に、金庸の『碧血剣』、『雪山飛狐』を紹介しましたが、今日紹介するのはその次に書かれ、金庸の評価を確立させたと言っても過言ではない、『射雕英雄伝』です。 早速見ていきましょう。 『射雕英雄伝』あらすじ おいしい...
書評

金庸『雪山飛狐』打ち切り漫画のような終わり方が気になる

昨日の『碧血剣』に続き、今日は『雪山飛狐』です。 これは、金庸の中でも特に残念、一番と言ってもいいくらいツッコミどころ満載の作品です。 早速見ていきましょう。 『雪山飛狐』あらすじ 美味しいとこ取り ...
書評

金庸『碧血剣』主人公完璧超人過ぎ問題

すこし前に紹介した通り、中国の武侠小説の雄 金庸が亡くなりました。 彼を偲んで全作読み返し始めたのですが、やっぱり面白い。何か事件が起こってその決着が着くまでの展開のジェットコースターと結末の痛快さはさすが金庸です。 ...
書評

【3分で分かる世界名作文学】肉体の悪魔(ラディゲ)

誰もがタイトルは知っているけれど、意外と原作は読んだことがない世界の名作文学を、3分で分かるように紹介します。 今日はラディゲの『肉体の悪魔』です。 以下ネタバレを含みますので、結末を知りたくない方はご注意くださ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました