オタク界きってのベストカップルを描いた『監督不行届』

突然ですが、今日は安野モヨコの『監督不行届』を紹介します。

久しぶりに読んで、やっぱり良いなぁとほっこりしちゃいましたので、むしろ紹介したくなりました。

 

作者・関係者紹介

 

最初にこの作品に出てくる関係者を紹介します。

 

まずはこの作品の作者でもある安野モヨコ

 

『働きマン』『ハッピー・マニア』『さくらん』など、多くのヒット作を持つ漫画家でもあり、本編に出てくる監督くんの嫁でもあります。

 

やや線の硬い絵柄ながら、それを活かした少し斜に構えたキャラクターが多いのが私は好きなのですが、一方で、デフォルメを含みつつも非常にリアルな心情が描かれており、共感したり反発を感じたりという、心に訴えてくる作品を描く漫画家さんだと思います。

 

『美人画報』のエッセイも読者を楽しませようという工夫と共に、安野モヨコならではの鋭い視点が活かされた文章が特徴的でした。昔私が持っていたのは文庫版でしたが、これもKindle化して欲しいなぁ。。。

 

さて、本編の実質的な主人公である監督くんは、安野モヨコのご主人庵野秀明のことです。

 

何より有名なのは『新世紀エヴァンゲリオン』だと思いますが、比較的最近では実写映画の『シン・ゴジラ』も手掛けていました。

NHKだったので知っている人は限られているかも知れませんが、個人的には『ふしぎの海のナディア』も面白かったです。

 

本編にはこの二人を元にした、ロンパースと監督くんがメインの登場人物として出てきます。

 

なお、本編の前に「※このマンガはフィクションであり、実在の人物・団体とは関係ありません」という注釈があります笑。

 

『監督不行届』あらすじ・みどころ

 

これはコミックエッセイなので、あらすじも何もないのですが、安野モヨコ視点でオタクの夫監督くんとのオタクな日常生活を面白おかしく描いた作品です。あとがきで庵野秀明自身が語っている通り、面白くするためにデフォルメされているそうですが、おおむね間違ってないだろうことは想像に難くありません。

 

みどころとしては、まず、「日本のオタク四天王」の嫁になるべく、オタクの英才教育が始まったり、家の中を常にアニソンが響いていたり、オタクの口癖がうつったりと、非日常的なオタク夫妻の日常生活話としても面白いです。

 

特に巻末に付録されている各種オタク用語の説明があまりに多岐に亘り、「日本のオタク四天王」の守備範囲の広さと説明の面白さに圧倒されるばかりです。私も結構知っていると思っていたのですが、半分も分からず、まだまだだと反省しました。

 

が、なによりの見どころだと私が個人的に思うのは、本編通してずっと、お互いへの気遣いと愛情にあふれていることです。

例えば、第拾六話では、監督くんが如何に乙女で、ロンパースが漢らしい性格であるか、男女逆じゃん!というツッコミを作者自身もしていますが、逆だろうとなんだろうとバランスの良いベストカップルぶりを発揮しています。

 

そしてなにより、庵野秀明のあとがきが全面的に奥様への愛情と感謝に溢れているのですが、とくに最後の「自分の持てる仕事以外の時間は全て嫁さんに費やしたい。そのために結婚もしたし、全力で守りたいですね。この先もずっとです」という、ストレートな愛情あふれるコメントには、ちょっとうるっとくるくらい感動してしまいました。

 

こんな風にお互いを思いやれる関係って、素直にステキだなぁと思います。

 

『監督不行届』まとめ

 

今回、この記事を書くにあたって、Wikipediaの庵野秀明ページを見ていたのですが、写真が普通にダンディなおじさまになっており、とても一年間風呂に入らなかったという伝説がある人とは思えない清潔感です。

 

奥様の安野モヨコの力が大きいのだと思いますが、合わせて変わろうとし、また豹変した監督くんの態度も素晴らしいなぁと思います。

 

私がオタク界(?)でステキだなぁと思うカップルは、あとはアルティシアと59番くらいですが、どちらも互いに対する愛情の深さが共通点に感じられます。

 

いつまでもお幸せでいてくださいますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました