【英語独学】気分転換用だけど英語学習にも役立った本

語学・英語

今日は真剣な勉強を一休みし、でも、英語学習に役立った本を紹介したいと思います。

 

ネイティブから見た日本人の英語の弱点が分かる「日本人の英語」

すごいタイトルですね。でも、内容はそのままズバリです。

 

文法の参考書でも紹介した、マーク・ピーターセンによる日本人の英語の問題点を指摘した本です。堅苦しい教科書ではなく、エッセイ集のようなテイストがあります。

著者のマーク・ピーターセンは日本在住が長く、自分が日本で出会った日本人の話す英語から気付いた、日本人の英語の弱点を総合的に解説した本になっているため、日本育ちの日本人で英語を学ぶ人には思い当たる内容ばかりになります。

 

本書では、日本人が今一つ捉えられていない英語のイメージを、ネイティブはどう捉えているかを分かり易く解説しています。

 

たとえば、冠詞aやtheの使い方を、chickenを例に、a chicken、the chicken、(冠詞なしの)chickenと言った場合、それぞれネイティブはどういうイメージで捉えているかを説明しています。

 

また、ほぼ熟語の一部として丸暗記して使う以上にはあまり意識していない前置詞について、ネイティブはどういうイメージで捉えているので、適切な使い分けができるのか、この本を読めばよく分かります。

 

ご本人も日本語習得に大変苦労されたようで、「日本語が大嫌い」と日本語で叫んだというようなエピソードがあったりしますが、語学習得者の苦労と陥りがちな罠をユーモアを交えて書かれています。

 

日本語ネイティブである限り、この本に書かれていることは何かしら得るものがあるので、おススメの良書です。

 

続編は、日米比較文化論の領域にさらに踏み込んでいる観もありますが、こちらも面白く、内容に重複はほとんどないので、合わせて読まれることをおススメします。

 

ビジネスで英語を使うなら一度は読んだ方が良い「英語の品格」

正直、なんでもかんでも「品格」とつけるタイトルは好きではないのですが、本書の内容は、より洗練された英語を話すために気にするべきこと、考え方、会話例になっています。

 

ある程度の英語を話せるようになっても、自分の英語がぶっきらぼうだと言われたことがある日本人は多いと思います(私もあります)。

それは、日本語ではできる直接的ではない表現が、英語ではできず、常にストレートな物言いになってしまうから。

 

そんな状態になっていて、その状況を変えたいと思っている人に本書はおススメです。

 

英語はYes/Noをはっきり言うストレートな言語だと誤解している人は多いですが、実際は、私の見たところ、上の立場にいる人ほど、遠まわしで角が立たない表現をすることが多いように感じます。

頼み事を断るときもストレートにNoと言うのは聞いたことがなく、断られたことに気づかないくらい洗練された言い方で断ってきます。

 

著者のロッシェル・カップはNY生まれのアメリカ人ながら、日本在住歴が長く、日本人相手にグローバル人材育成のコンサルティングを長年行ってきただけあって、主に、日本人がアメリカ人とビジネスで関わる際に陥りがちな摩擦についてよく理解しています。

 

「通じれば良い」のレベルを脱し、ビジネスで英語を使いたい人は一度読んでおくと良いと思います。

 

ネタ本と侮れない「出ない順 試験に出ない英単語」

実は私はこういうくだらないユーモアあふれるネタ本が大好きです。

この本も勉強の息抜きに軽い気持ちで(Kindleで安くなっていたこともあって)ぽちったのですが、フォーカスされている単語はネタばかりであるものの、例文そのものは意外と参考になるものがあったりします。

 

例えば、以下のような例文がありますが、

 

Please refrain from touching the department manager’s Adam’s apple when your hands are dirty.

泥だらけの手で部長ののどぼとけに触れるのはおやめください

 

全体の内容はともかく、この文だけからでも「refrain from (~をやめる)」「dirty hands (泥だらけの手)」「Adam’s apple (のどぼとけ)」などが覚えられます。

 

きっかけはなんであれ、大笑いして印象が強ければ記憶にも残るので、応用を利かせる前提で知っている例文を増やすには、ネタ本を読むのも悪くないと思います。

 

ただし、あくまでネタ本なので、この本を読んだからといって、TOEICの点数が200点あがるのに役立つ例文が覚えられる!なんてことはありません。

 

私も基本的には勉強に疲れたときの気分転換に読んでいます。

 

気分転換用だけど英語学習にも役立った本 まとめ

今日は私がこれまで読んだ本の中から、教科書・参考書以外で、英語学習に役立った本を紹介してみました。

 

こういった本はリラックスして読める割に新たな気づきがあって面白いので、また新しい本を読んだ際には紹介したいと思います。

 

勉強の合間、疲れたときに、気分転換+モチベーションアップにも良いと思います。

楽しんで続けていきましょう!

 

 

あわせて読みたい

【英語独学】めざせ10000語!ボキャブラリー強化におススメの教材・アプリ
【英語独学】より英語らしい表現を!文法強化におススメの教材・アプリ
【英語独学】英語が読めれば日本語の17倍の情報にアクセスできる!?リーディング力強化におススメの教材・アプリ
【英語独学】発音できない音は聞き取れない!発音矯正におススメの教材・アプリ
【英語独学】リスニング・スピーキングを同時に鍛える!シャドウイングにおススメの教材・アプリ

 

コメント

  1. […] 【英語独学】気分転換用だけど英語学習にも役立った本 […]

  2. […] 【英語独学】気分転換用だけど英語学習にも役立った本 […]

  3. […] 【英語独学】気分転換用だけど英語学習にも役立った本 […]

タイトルとURLをコピーしました