失敗なし!簡単にできて綺麗に魅せるセルフネイルのやり方とおススメアイテム

雑記

昨日、ネイルをプロテクター代わりにして、弱くなった爪を強化する方法をお伝えしましたが、今日はその際の簡単なネイルデザインについてです。

 

一番簡単なのは、やっぱりフレンチネイル!

かつ、フレンチネイルだと、爪先が2度塗り3度塗りになるので、一番割れやすい爪先をより強化することができます。

 

というわけで、塗ってみた結果がこちら↓

適当なものがなかったので、近くにあったサングラスを掴んでます。

 

また、使用したアイテムはこちら↓

 

左から、

  1. OPI ナチュラルネイルベースコート
  2. B・G arden NAIL POLISH #50
  3. B・G arden NAIL POLISH #11
  4. B・G arden NAIL POLISH #41
  5. Seche Vite (セシェ・ヴィート) トップコート

塗り方は、

  1. ベースコートを爪全体に塗る(一度塗り)
  2. B・G ardern NAIL POLISH #50を爪全体に二度塗り
  3. B・G arden NAIL POLISH #11を、各爪先で左から斜めに塗る。色が薄かったり、線がゆがんだ場合は、乾いてから二度塗りで補正
  4. B・G arden NAIL POLISH #41を、3と同じ要領で、今度は爪先の右から斜めに塗る。
  5. 4まで乾いたら、トップコートを二度塗り。この際、はみ出し気味で塗る方が、塗り漏らしがあるよりは、あとで割れたり剥がれたりしないので、おススメ。

 

なお、B・G ardern NAIL POLISHシリーズは、昔バンコクのヤワラート(中華街)の問屋で1本10バーツ(=約35円)で買った安物なので、これである必要はありません。

というか、むしろ、これでない方が、よっぽど発色、塗り具合、持ちなど全てにおいて良い結果が生まれると思います。

 

が、こんな安物を使っても、均等に発色させるOPIのベースコートと、ガラスのような光沢を出し、1週間は持たせてくれる、セシェのトップコートは本当にすごいと思います。

 

ネイルそのものより、ベースコートとトップコートにお金をかけた方が良い、という話でした。

 

あわせて読みたい

ベースコートとトップコートの話はこちらの記事でも紹介していますのでご覧ください。

40過ぎて脆くなった爪を強化する方法・ネイルによるプロテクター
40歳にさしかかった頃から、やたらと爪が割れるようになりました。 私は右利きなので、特に右手の人差し指・中指・薬指は、必ずどれかが二枚爪になってる状態です。 他にも、ちょっと強くぶつけたりすると、気づいたら爪が真ん中から割れてい...

コメント

  1. […] 失敗なし!簡単にできて綺麗に魅せるセルフネイルのやり方とおススメアイテム昨日、ネイルをプロテクター代わりにして、弱くなった爪を強化する方法をお伝えしましたが、今日はそ […]

タイトルとURLをコピーしました