シンガポール おススメB級グルメ ~ホーカーからカジュアルレストランまで~

旅行

私がシンガポールに最初に住んでいたのは、2003~2005年頃で、当時の日本の国民一人当たりGDPは34,831~37,224 USD、同じタイミングのシンガポールは23,574~29,870 USDでした。体感でも物価は日本の6~7割と感じていたので、感覚とも合っていたと思います。

 

いまやシンガポールは世界第9位の57,713 USD (2017年)と、同年38,449 USDの日本に対して大きく水をあけています(IMF – World Economic Outlook Database Oct 2018より)

 

15年で2.5倍の成長。この背景には世界中の富裕層を呼び込む政策を打つなど、単純に全体が底上げされたわけではありませんが、それだけのお金を国に呼び込んだことは確かで、日本が15年間でジワジワとしか変わっていないのに対し、シンガポールの成長は目を見張るものがあります。

 

が、15年の間に変わらないものもある、というわけで、今日はくどい前ふりをしておきながら、経済の話は全然関係なく、シンガポールで安く食べられるB級グルメのお店を紹介します。

 

ここに挙げるのはいずれも、私が初めてシンガポールに行った2001年からずっとある店ばかりです。

 

蘭州拉麺(China Town)

 

個人的には、ここはシンガポールに出張する度に食べに行きます。

頼むのはいつも決まっていて、ジャージャー麺とライムジュースです。もうお店の人には全員覚えられていて、一応毎回「同じの?」とオーダーを確認してくれます。友達と一緒に来ている場合は小籠包を頼むこともあります。

 

ジャージャー麺はオーナーのおじさんの手打ちですが、麺がもちもちしていてすごく美味しい。ここの味を知ってしまった後はどこに行ってもジャージャー麺は食べられなくなります。

小籠包も自家製で、スープがジューシーで美味しいです。

 

オーナーさんはとてもフレンドリーで、麺打ちのパフォーマンスもここのウリですが、お願いすると一緒に写真を撮ってくれます。

 

Lanzhou La Mian (シンガポール) の口コミ40件 - トリップアドバイザー
Lanzhou La Mian(シンガポール)に行くならトリップアドバイザーで口コミ、地図や写真を事前にチェック!Lanzhou La Mianはシンガポールで4,685位(12,164件中)、3.5点の評価を受けています。

 

Claypot Laksa (Alexandra Village)

 

ちょっと中心街からは外れた、Alexandra Villageのホーカーセンターの中にあります(Villageの中のアドレスは#01-75)

ちょっと場所が分かりにくいかも知れません。

ここは土鍋で一つ一つ作るので少し時間がかかり、昼時はよく行列になっていました。

 

が、並ぶだけの価値はあります。

 

濃厚なココナッツミルクと大量のチリをベースとした、どろりとしたスープが、汗が噴き出るくらい辛いけどココナッツミルクの甘さもあって、食べだしたら病み付きで止まらなくなります。

私はよく同じホーカー内にある、サトウキビのジュース(ライム入り)と合わせて食べていました。

ラクサがしびれるくらい辛く、サトウキビの甘さがそれを調和してちょうど良く、いつまででも食べられるような気がしたものです。

 

なお、独特の臭みを持つ貝が具材に入っており、オーダーするときに入れるかどうかを聞いてくれます。苦手な人は抜いてもらったら良いと思います。割となんでも食べる中国人の友達でも抜いてもらってました。

 

Alexandra Village Claypot Laksa – Sizzling Hot Laksa Ever, Now With Michelin Bib Gourmand – DanielFoodDiary.com
If you were keen to find out where the best food in Singapore is, DanielFoodDiary.com, with its up-to-date reviews on local cuisine, can serve as your guide.

 

Alexandra Villageはホーカーの隠れた名店がたくさんあり、お昼時は大行列になる店がいくつもあります。時間があればそんな店を観察して並んでみるのも良いと思います。

 

松發肉骨茶(ソンファー・バクテー)

 

バクテーは正直、女性は一見とっつきにくい食べ物だと思います。私も人に連れて行かれるまでは食べようとは思いませんでした。

 

が、こちらも一度食べると病みつきです。

 

バクテーは、シンガポール、マレーシアで食べられる料理で、豚肉のスペアリブを、ニンニクやスパイスで長時間煮込んだ料理です。長時間煮込まれた結果、肉は口の中でとろけ、スープには旨味が染み出ています。

白ご飯もいいですが、私は、油条(中華風揚げパンみたいなもの)をスープに浸して十分にしみ込んだ状態で食べるのが好きです。

 

このお店はこの10年くらいで急速にシンガポール各所に支店展開し、クオリティの低下を心配しましたが、今のところ、目に見える激しい劣化はないようです。

 

なお、シンガポールとマレーシアの違いは、シンガポールの味付けは塩・コショウベース、マレーシアは醤油ベースです。

個人的には日本人の口には、シンガポールの方が合うんじゃないかと思います。

 

Song Fa Bak Kut Teh 松發肉骨茶
Singapore Michelin Guide Bib Gourmand awarded Teochew-style Bak Kut Teh. Visit Song Fa for a original Bak Kut Teh experience with tender pork ribs; hot, flavour...

 

天天海南鶏飯(Maxwell Food Center)

 

チキンライスはシンガポールではあちこちにありますが、やっぱりホーカーで一番有名なのはこちらでしょうか。

Maxwell Food CenterというChina Town近くのホーカーセンターにあり、ここはいつ行っても大行列です。

 

チキンライスの名店「天天海南鶏飯」 | TRIPPING!
「天天海南鶏飯(ティエン・ティエン・ハイナニーズ・チキン・ライス)」と言えば、シンガポールで必ずとっていいほど「美味しいチキンライス」としてガイドブックやサイトで紹介されている名店。今年から発行となったミシュランガイドシンガポール2016にはビブグルマンの店舗の一つとして掲載されているんです!

 

実はタイに住んでから、鶏はタイの方が美味しいと思ったので、シンガポールでチキンライスを食べなくなってしまったのですが、シンガポールでこの値段でこの品質のものが食べられたらコスパ最高だとは思います。

ここも近年あちこちに支店を展開しているのですが、クオリティが保たれているかどうかは検証していません。

 

文東記(River Valley)

 

シンガポールのチキンライスの代名詞くらい有名なお店です。ピラミッド型のご飯が有名です。

 

確かに美味しいのですが、ここは数年前にバンコクに支店を出しており、実のところ、鶏はタイの方が美味しいと思ったので、それ以来行っていません。

ただ、バンコクの場合、あまり夜遅くに行ったりすると「もう鶏ない」と言われたりするので要注意です。さすがタイ。。。笑

 

バンコクにわざわざチキンライス食べに行けないという場合は、こちらも美味しいです。

 

文東記 リバーバレー店 (シンガポール) 最新のレストランの口コ(2019年) - トリップアドバイザー
文東記 リバーバレー店(シンガポール)に行くならトリップアドバイザーで口コミ、地図や写真を事前にチェック!文東記 リバーバレー店はシンガポールで392位(12,164件中)、4点の評価を受けています。

 

シンガポール B級グルメ まとめ

 

シンガポールの個人的おススメB級グルメを紹介してみましたがいかがでしたでしょうか?

 

シンガポールは国民一人当たりGDPの高さもあって、今はお金さえ出せばかなり美味しいものが食べられるようになってきています。

が、金額もだいぶ目が飛び出るような金額になっていることに加え、お金を出せば美味しいものが食べられるのは当たり前ということで、むしろ時流に逆らって、あえてお手頃価格のお店を紹介してみました。

 

どの店も少なくとも2000年からあることは確かですので、あれだけ変化と流行り廃りの激しいシンガポールで未だに営業中というだけでも、味のほどは保証されるかと思います。

私も書いていてお腹が空いてきました。

 

ぜひお試しください!

 

あわせて読みたい
バンコクおススメレストラン(タイ料理・初心者向け)
バンコクおススメレストラン(中華・インド料理)
バンコクおススメレストラン(イタリアン他欧米料理)
バンコクにあるAsia’s 50 Best Restaurants食べ比べ 個人的感想
バンコクのアフタヌーンティならここ!おススメ4選で優雅なひとときを
シンガポール おススメB級グルメ ~ホーカーからカジュアルレストランまで~

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

タイトルとURLをコピーしました