名作古典漫画

マンガ

『翔んで埼玉』映画版は魔夜峰夫の世界観の再現がすごい!

昨日の記事でも触れた通り、先日、『翔んで埼玉』の映画を見る機会がありました。 今さらながら、この映画、原作の再現率がスゴイです。 今日は、魔夜峰夫作品の魅力を振り返りつつ、この映画の凄さを見ていきたいと思います。...
マンガ

やっぱり『パタリロ!』が一番?魔夜峰夫のおススメ漫画3選

今さらですが、最近『翔んで埼玉』の映画を見ました。 色々ツッコミどころはあるのですが、魔夜峰夫作品の独特の世界観が実写の中で上手く再現され、漫画同様に理不尽さを強引に押し切って納得させてしまうところも面白く、個人的にはかなり成...
マンガ

【懐かし漫画の最終回!】海の闇、月の影(篠原千絵)

これが流行ったのが私が小学校だか中学校だか覚えていないのですが、篠原千絵の本作と一つ前の『闇のパープルアイ』は一時期、私の周りではめちゃくちゃ流行ってました。 ちょっとホラーチックな作風が怖くて、ホラー嫌いな私は、読み始めたの...
マンガ

【懐かし漫画の最終回!】アルカサル-王城-(青池保子)

『アルカサル -王城-』は、昨日まで取り上げてきた『魔天道ソナタ』『アリーズ』『ぴーひょろ一家』と同じ秋田書店のプリンセスコミックスですが、メインの掲載紙がビバ・プリンセスで、少し系統が違います。 この漫画については、私が途中...
マンガ

【懐かし漫画の最終回!】ぴーひょろ一家(姫木薫理)

いきなりですが、タイトルに偽りありです。この漫画は2018年12月現在、完結していません。 1986年の連載開始から30年以上経ってまだ完結していないということで、もはや、「結末が気になるけど生きてる間に完結する気がしない漫画...
マンガ

【懐かし漫画の最終回!】アリーズ(冬木るりか)

小学・中学の頃、これと「ぴーひょろ一家」「魔天道ソナタ」「妖精国の騎士」などが楽しみで、友達と代わりばんこに「プリンセス」を買ってました(子供のお小遣いに月刊誌は高かった)。 「プリンセス」の出版元秋田書店は、今でも幅広いジャ...
マンガ

【懐かし漫画の最終回!】魔天道ソナタ(天城小百合)

小学・中学の頃、これと『ぴーひょろ一家』『アリーズ』『妖精国の騎士』などが楽しみで、友達と代わりばんこにプリンセスを買ってました(子供のお小遣いに月刊誌は高かった)。 プリンセスの出版元秋田書店は、今でも幅広いジャンルを扱う懐...
マンガ

【3分で分かる名作漫画】シルクロードシリーズ(神坂智子)

久々の古典漫画紹介、今日は神坂智子の「シルクロードシリーズ」です。 この作品は、初めて読んだときの衝撃が忘れられません。度肝を抜かれた作品です。 行ったこともない、見たこともないシルクロードという世界に郷愁さえ感じさせ、...
マンガ

【3分で分かる名作漫画】夢の碑(木原敏江)

今日も24年組です。木原敏江の「夢の碑」を紹介します。 24年組って本当に多いですねーと思いますが、今日の紹介で、これでやっと半分ですね。 全員がかなり長いこと活動をされていたので、作品が多く、また、息が長い漫画家だけあ...
マンガ

エロイカ以外にも!青池保子のおススメ漫画5選

昨日、「エロイカより愛をこめて」の作品紹介をしましたが、青池保子は多作の人なので、他にもおススメ作品はたくさんあります。 この方の作品は、絵も話も構成がしっかりしており、何を読んでもハズレはないのですが、個人的なおススメ作品5...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました